目指すは、次期工場長!

星野 桂佑

製造物流 土浦工場/2012年入社

仕事内容と社会的な役割は?

「当たり前にガスが供給される生活」を守る

土浦工場の工場長代理として、LPガスの製造・物流管理を行っています。業務の中で第一に考えているのは、安全性です。その上で、ガス充填業務や配送業務の効率化、在庫管理を行い、ガスの安定供給の維持・確保に取り組んでいます。土浦工場は、10人程の小規模な工場です。だからこそ、一人ひとりの役割は大きく、学べることも多いと感じます。
製造・物流管理の仕事は、お客様の「当たり前にガスが供給される生活」を維持することだと思っています。日々の生活に密着した製品を扱っているからこそ、当たり前を継続させる「保安」の重要性を感じますし、責任の大きさも日々実感しています。

入社前に描いていた自分と今の自分との差は?

想像もつかなかった自分に成長

社員研修を行うまでは、製造・物流管理の仕事がどういうものなのか想像がつかなくて、漠然と営業職として働くことをイメージしていました。製造・物流管理はあまり表には出ない仕事なので、他の職種よりも裏方で支えているイメージに近いかもしれません。裏方といっても主力商品であるLPガスを製造している部門なので、皆、誇りを持って仕事に取り組んでいます。コツコツと仕事に取り組む方が向いているかもしれませんね。
また、まさか自分が工場長代理に抜擢されるとは思っていなかったので、入社時点では想像もつかなかった自分になっていると思います。土浦工場に配属されるまでは、厚木工場に勤務し、そこで一通りの業務を習得したことが、今でもベースになっていると感じます。

社員から見たトーエルの魅力

自分のやる気次第で、成長できる

資格取得のための講習会や試験費用は会社から補助してもらえるので、学びたい意欲を認めてもらえる環境だと思いますね。積極的に仕事に取り組めば、先輩方はそれをきちんと見てくれていると感じます。難しい仕事もあると思いますが、まずは前向きに取り組むことが大切だと思います。そうすれば自然と豊富な知識と経験が身につくと実感しています。
また、何か不安なことがあれば、親身になってくれる先輩がいるので心強く感じています。フォローしてくれる先輩はたくさんいると思うので、あとは自分のやる気次第かと思います。

近い将来の夢や、叶えたい目標は?

目指すのは工場長

今は工場長代理なので、目指すところは工場長です。そのためには、まだまだ経験すべきことや学ぶことが多いと感じます。工場を管理する業務は、実際の作業以外に行政への申請など事務作業も大事になります。土浦工場に配属されて間もないですが、工場以外の業務にも取り組みはじめ、業務の幅が広がってきていると感じます。具体的には、配送業務の管理がその1つです。配送業務は、LPガスを利用されるお客様への配達を行うので、一歩、お客様に近い業務だと感じます。LPガスの管理はもちろん、配送ルートの調整なども行っています。知らない業務に取り組むことに対して距離を置かずに、積極的に取り組んでいきたいですね。

休日の過ごし方

野外フェスで音楽を楽しみ、気分転換

色々な音楽を聞くので、野外フェスに参加しています。広い会場で思いっきり音楽を楽しむのは、気分転換になりますね。フェスだけでなく興味があるアーティストはライブにも足を運んでいます。
会社の同期とは、入社当初は土日もよく一緒に遊んでいました。今は勤務地が離れてしまったのでなかなか頻繁には会えませんが、たまに会える機会を楽しみにしています。