トーエル第三の柱、育成中

トーエル第三の柱、育成中

研究・開発

「火」「水」に続くトーエルの第三の柱としてスタートしたアグリ・アグリカルチャー事業。
安全・安心な職が求められる時代、植物生産工場の建設や養殖事業など本格的に事業を展開しております。

植物工場

植物工場

一般的に植物工場は、平地農業の3倍以上のコストがかかるとされてきました。トーエルでは、この常識を覆すことができないかとさまざまな研究を重ねてまいりました。その結果、植物生産事業はすでに所有する施設の併用、LPガス検査設備の余剰ガスの利用によるエネルギーコストの削減、作業者に負担をかけない高設栽培、コンピュータ管理による温度・湿度・肥料・日照量の調整などにより、ベビーリーフなどの葉物野菜や日本ではコストの関係で栽培不可能といわれた夏イチゴの栽培を行っております。

高級いちご「プリンセス・ココ」


トーエルグリーンファームでは
苺にとって理想的な温室環境を整え、
北アルプスの天然水を用いた独自の栽培方法で
ケーキ用の小粒苺、店頭販売用の中粒苺、
贈答用の大粒苺を栽培しています。

中でも、甘くて美味しい大粒の高級イチゴ
「プリンセス・ココ」は、贈答用にするため
決められた区画で栽培されています。
しっかりと完熟して、糖度が上がるまで、
時間をかけて育てられています。

あわび養殖

あわび養殖

厚木市の植物工場「グリーンファーム」では植物の栽培のほか、高級食材「あわび」の試験養殖を実施しています。トーエルは安全・安心な食品の安定供給を目的に、専門家チームを結成し養殖事業に取り組んでいます。1日も早くノウハウを蓄積し、トーエルの第三の柱として成長できるよう事業拡大を図ってまいります。